投資用物件を選ぶなら|脱サラリーマンして不動産投資に勤しむ|優雅な余生を

脱サラリーマンして不動産投資に勤しむ|優雅な余生を

投資用物件を選ぶなら

アパート

サラリーマンでも保有できる投資物件として、アパートが注目されています。一棟丸ごと購入するために価格が高いイメージがありますが、様々な特徴とメリットがあります。まず購入する上で融資をどのように受けるかがポイントです。新築の場合にはサブリースを利用することで、家賃保証を得ることができます。中古物件ならば賃借人がついていれば収入保証があります。このような条件であれば、融資を受けることができるのでサラリーマンでもアパートを購入することができます。また空室リスクも複数の部屋を保有することで、分散させることができます。ある程度の空室を前提として資金計画を立てることで、投資物件として無理なく保有することが可能です。

アパート経営は投資物件として幾つかの特徴を持っています。まず土地も保有することになるので、その資産価値は維持されることになります。中古物件を購入すれば、転売時には土地代としてある程度確保することができます。また、建物の減価償却期間が短いので、ローンの返済年数は短くなります。けれども家賃の利回りは高いので、早期にローンを返済することは可能です。また、アパートはマンションよりも家賃単価は安いので、賃借人がつきやすいことも特徴となります。空室リスクも低めとなるので、投資物件としては長期保有に向いていることがわかります。メンテナンスに関しても、マンションほどに大がかりな補修は必要ないので、費用負担は少なくて済みます。